古銭とは?「分類と買い相場、売り相場について」

古銭 分類と相場について 古銭 買取

古銭というと、実はかなり奥が深い。
ここで言う古銭については、現在これらで資産運用する投資家さんや
収集家さんが価値があると値を付けそうな代表的古銭について紹介したいと思います。

古銭 分類と相場について

そもそも、古銭とは日本国内で使われていた通貨では銅を鋳造したものから
江戸時代ころには大判小判のような金を使ったものもあります。(いわゆる金貨ですね。)

その頃には銀を使った豆板銀というのもあり、大口取引に使われていた丁銀の補助的役割で
1つに決まった大きさや価値はなく、重さ(g㌘)を量って通貨価値としたそうです。

江戸末期にもなると貿易が盛んになり、貿易用に使われていたモノまで多種ありますが
その流れから明治時代には相当な金貨などが製造されるようになりました。

和同開珍、萬年通宝、神功開宝、隆平永宝、富壽神宝、承和昌宝、長年大宝、饒益神宝
、貞観永宝、寛平大宝、延喜通宝、ケン元大宝、銀銭永楽通宝
、銀銭永楽通宝紀州、銀銭天正通宝、銀銭天正通宝大字、金鋳永楽通宝

慶長小判金、元禄小判金、宝永小判金、享保小判金、元文小判金、文政小判金
、安政小判金、天保小判金、万延小判金、慶長一分判金、元禄一分判金、宝永一分判金
安政一分判金、万延一分判金、真文二分判金、草分二分判金、安政二分半金、元禄二朱金
甲州一分、甲州二朱、甲州一朱、甲州朱中 など。

まだまだ一部にすぎませんが、年号の変更によって古銭も作られてきました。

買い相場と売り相場

では、古銭の相場についてですが
ここでは、はっきりとした相場額の掲示は出来ません。
それは、相場も日々変動していくからです。

特に売り相場(買取)に関しても、買取業者さんによっても変わります。
だから、買取相場などは開示されないのですね。

では、どのようにして買取相場などを判別すればよいのか?
ワタシは、買取で相場を判別するのではなく
販売店で古銭の売値を見て、そこから買取相場を割り出すようにしています。

ワタシが参考にしている古銭販売店さんを紹介しますね。
古銭販売の森行美術堂
森行美術堂イメージバナー
http://www.kosen-moriyuki.com/koutyousen1.html

いかがでしょうか?
上記した古銭の種類の他に旧紙幣などもあったのが確認できたと思われます。

中には欠けているもの、劣化が進み原型を留めないものまでありましたが
ちゃんと値がついて販売されているんですね。

ものによっては結構なお値段が付いていますが古銭や旧札の価値もだいぶ
下がっているという話を耳にします。

オークションで必ず売れれば良いですが、かつ満足いく価格で落札されるか?
素人さんでは、中々難しいのですね。

たまたま、値を付けてくれる落札者がいれば良いのですが…。
この手のオークションだと、落札者側も相場を予想していますから駆け引きが出てきます。

古銭販売の森行美術堂さんで見た販売価格を元に
買取業者さんの査定額に対し交渉するのも一つの手ではないかと思います。

この記事が参考になれば幸いです。

「楽して安心できる宅配買取まとめ。」サイト内おすすめ記事リンク
➤➤➤古銭を査定し損のないよう高価買取してもらうには?